HOME >  商品ジャンル別・高価買取のコツ >  ブランドバッグ

ブランドバッグ

ここでは、ブランドバッグの買取のコツやポイントご紹介していきたいと思います。

私を含め、世の男性の多くは自分用に購入することはないでしょうが、プレゼント用に買ったものの何らかの事情で眠っているという場合や、ご家族や彼女さんに役立つ情報としてとりあげてみました。

バッグ買取は証明書・付属品の有無が重要

ブランドバックという分野は、本サイトで取り上げている商品群のなかでは、高級腕時計と共通する特徴があります。

それは、ギャランティーカードと呼ばれる、製造元が「間違いなく本物です」と証明する書類の重要性です。何故なら、高級腕時計と同じく、ブランドバッグにも偽物やコピー品という厄介な存在がつきまとってくるからです。それこそ、ギャランディーカードの有無によって、査定の桁が変わってくるなんてこともあるそうです。

また、ブランドバッグに限った話しではありませんが、初期付属品が揃っているかも重要なポイントとなります。具体的には、外箱や保存用袋、そして付属のストラップや鍵つきタイプのものであればその鍵といった具合です。これらが欠けていると、査定低下につながります。かならず保存しておいてください。

使用頻度により査定が大きく変化

ブランドバッグの買取にはもうひとつ特徴があり、査定時点での使用頻度や状態が細かくチェックされます。業者によっても異なりますが、

  • Aランクが新品未開封品
  • Bランクが開封済み新品
  • Cランクは1~2回程度使用
  • Dランクは1~3週間程度使用
  • それ以上はEランク

といった具合です。つまり開封した時点から価値はあっと言う間に下がっていくという傾向があるのです。買ってはみたものの使っていないという場合には、すぐ買取依頼に出すべきです。

どのブランドのバッグが人気か

バッグの世界でもブランドによって人気があるものとそうでないものがあり、同じような価格で新品未開封同士だったとしても、査定価格に違いが出るケースは珍しくありません。安定した人気を誇っているのは老舗のルイ・ヴィトン、エルメス、グッチ、シャネルなどで高価買取が期待できます。

また比較的新しいブランドではコーチ、プラダ、ブルガリ、ミュウミュウといったところも若い世代に人気があります。いずれにせよ、上記の通りブランドバッグは未使用に近い状態ほど査定が上がりますので、早めの決断をおすすめします。