HOME >  商品ジャンル別・高価買取のコツ >  カメラ

カメラ

このページではカメラの買取について知っておきたいポイントを紹介していきたいと思います。

カメラと言えば、フィルム(銀塩)カメラとデジタルカメラがありますが、私自身はデジタルカメラ派で、フィルムカメラはほとんど使ったことがありません。したがって以後の記載は、デジタルカメラに関してとなりますので、ご了承ください。

デジカメ買取は5年以内が目安

まず、デジタルカメラには家電やパソコンと同じような傾向があり、製造から5年以上経ったものは買取対象外となってしまう場合が多いのが現実です。それ故、買ったものの使っていないという場合は、すぐ買取依頼に出した方がよいでしょう。

何を隠そう、私自身もそうでした。勇んでデジタル一眼を勝ってみたものの、数回使っただけで自分には不相応と感じ、買取に出してコンパクトデジカメに買い換えました。

ポイントはキズの有無・状態・付属品

デジカメで重要なのは、使用と保存の状態です。カメラ自体が精密な機器ですので、落下によるキズや衝撃、ホコリ、湿気など避けることが重要になってきます。普段の使用時、保管時から注意するようにしてください。

また、忘れがちなのが、肝心の買取依頼に出す時の梱包です。郵送時にキズや衝撃を受けては元も子もありませんので、クッション材などで丁寧に梱包してください。購入時の箱と梱包材が残っているなら、それに収納すればベストです。

外箱や梱包材、取扱説明書、付属CD-ROMなどは残っていなくても買取可の場合が多いですが、その分査定は減額となってしまいます。家電などのケースと同じく。カメラの場合も可能な限り、箱や付属品を保存しておく方が賢明です。

逆に、追加して買った関連品、例えばメモリーカード一眼レフのマウントレンズなどは、セットにして買取に出せばプラスアルファが期待できます。

カメラならではの注意点

まずひとつが電池の液漏れです。長期間使用しないまま電池を入れっぱなしにしておくと電池の液漏れが起きる場合があり、精密な回路を破損する可能性があります。使わない時は電池は抜いておいてください。

もうひとつが、デジタル一眼レフの受光部です。レンズ交換の際にホコリやオイルなどが付着した場合、素人が清掃するとキズつけてしまう場合があるので、下手に手を出さない方が無難です。