HOME >  商品ジャンル別・高価買取のコツ >  家電/パソコン

家電/パソコン

ここでは、家庭用電化製品やパソコンおよびその周辺機器を高値で買い取ってもらうためのコツや、知っておきたいポイントを紹介します。

家電・パソコンは使わなくなったら即売る

なるべく早めに買取に出した方がよいのは、このジャンルに限った話しではありませんが、家電やパソコンの場合、特にそうした方がよい理由があるのです。

買取業者によって違いはありますが、これらの製品は製造後5年ないし10年で買取不可となったり、値がつかないケースが大部分だからです。

なぜなら家電やパソコンは商品の進化のスピードが目まぐるしく、次々と新製品が発表される業界だからです。製造から5年も経てば、価値はほぼないと評価されてしまう世界なのです。

ちなみに、これからVHSデッキやブラウン管テレビ、ウィンドウズXP以前のパソコンを売りたいと思っても、正直困難でしょう。

また、テレビは、消費者が処分費用を負担しなければならない家電リサイクル法の対象製品となっています。地デジ化対応でブラウン管テレビの処分費用を負担した方も多いと思いますが、これは液晶など薄型テレビでも同じことです。

また、買ったまま未開封という製品があったとしたら、これも即買取に出すべきです。意外と知らない方も多いようですが、家電やパソコンというのは、使っていなくても内部が経年劣化していくこともあるのです。「買ったけど使ってない」なら、正常なうちに買取に出してしまった方が賢明です。

箱はなくても可、付属品は必須

家電やパソコンを買取に出す場合、一番理想的なのは箱、説明書、付属品がすべて揃っていること。

前述のように未開封品ならそのまま、開封したけど未使用なら箱と一緒に出した方が高額査定の期待が持てます。しかし、箱や取扱説明書がないからといってあきらめるのは早計です。業者によっては、箱や説明書がなくても買取可の場合がほとんどです(多少減額にはなるでしょうが)。

一方、リモコンや接続コードなどの付属品は必須と言えます。無い場合は買取可となっても、それなりの減額を覚悟しなければなりません。必ず保存しておきましょう。

ちょっとの手間で査定額がアップ

裏技という程ではありませんが、買取依頼をする前にやっておくと、査定アップが期待できることがあります。それは汚れやホコリをキレイに落としておくこと。出来る範囲で構いませんので、取扱説明書に記載のお手入れ方法に従い、実践してみましょう。